ちいさいなかま


子どもたちによりよい発達と生活を保障したいという全国の保育関係者や父母のねがいから生まれ、刊行を重ねてきました。まだ読んだことないという方は、ぜひご覧ください。

2017年度の特集・テーマは、    http://www.hoiku-zenhoren.org/publishing/index.html

子どものしあわせ


保育園を卒園したら小学校。今度は学校の先生と「共育て」を続けてみませんか?戦後いち早く結成され、「子ども白書」を発行している「日本子どもを守る会」が編集している月刊誌「子どものしあわせ」もぜひお読みください。

詳細はこちら   注文はこちら(mail)

あいちの保育問題資料集


あいち保育研究所自治体行政資料編集委員会では、県内市町村にアンケート調査を実施、集約・分析し、1冊の書籍にまとめています。さらに2008年度版からは、「保育のいま」を掲載しています。書店では購入できません。ぜひお買い求めください。
※左画像は2008年版 

1冊1,500円  最新(2018年度)版の詳細は、チラシ参照 注文はこちら(mail)

『なごや保育・子育て政策―子どもたちにとって「最善の利益」を実現するために―』

【販売終了しました!】
愛保協調査研究部・なごや保育・子育て政策研究会は、現場からの政策づくりに取り組み、約2年の歳月を経て、2008年9月に表題の冊子を発刊しました。いま保育・子育て関係者にとって必要で重要なことが盛り込まれています。全国から注文が舞い込んでいる本冊子(185ページ)をぜひお買い求めください。
※写真はリーフレット(1部20円)です。クリックすると一部がひらきます。

1冊1,000円  詳細(チラシ)はこちら  注文はこちら(mail)

神賀忠吾木製遊具

子どもたちが大好きな木製遊具を、茨城県水戸市で何十年と作成し続けている神賀忠吾さん。その作品は常に進化を遂げています。そして全国の保育園や幼稚園で大事に使われています。まだ購入されていない方も、常連の方もぜひご購入ください。
詳しいことは、取り扱い商品カタログと価格表をご覧下さい。 注文はこちら(mail)

保育合研Tシャツ

暑〜い夏、全国保育団体合同研究集会(保育合研)では、お揃いのかわいいTシャツを着ている親子を必ずみかけます。それが、合研Tシャツです。毎年有名な絵本作家さんにデザインをお願いするTシャツ、親子で来て合研に参加してみませんか?

いわさきちひろカレンダー

子どもを生涯のテーマに描き続けたいわさきちひろ。透明でやさしい色彩につつまれた、ちひろの描いた子どもたちは、生命の大切さを語りかけています。
軍靴の音が迫るなかで少女時代を過ごし、戦争の最中に青春を生きたちひろが、絵筆にたくして描き続けたものは、彼女の残した言葉「世界中の子ども みんなに平和としあわせを」に象徴されているでしょう。愛保協は、他の子どもや平和を愛する団体とともに、「ちひろカレンダー」を毎年普及しています。
(※基本的に販売対象は愛知県内の方に限らせて頂きます)